前へ
次へ

今時の弁護士の独立開業について

司法制度改革における新司法試験の施行によって、弁護士の数は飛躍的に増えて来ました。年間2000以上人の合格者を出すようになった法曹界においては、同然、将来的に独立開業をしようとしている者は少なくないと思います。ただ、地価の高い立地では、開業するにもリスクが伴ってくると思います。一人で仕事をこなすには無理があるし、人件費を加味した計画が必要になってくるでしょう。 かたや、司法試験に受かって晴れて弁護士になったものの、仕事のオファーが無く低年収の者も少なくないという事を良く耳にします。あれだけ難関な国家試験をくぐり抜けたにも関わらず、何と年収100万以下という者さえいるらしいのです。 このように考えて見ると、弁護士の独立開業は、費用以上にの問題が山積しているように思います。

top用置換

top用置換2
Page Top